駅前の喫茶「槍」にて

下り駅から踏切までの間にある、喫茶「槍」



このウィンドウにある絵が、以前から気になっていました。

 

槍の奥さんにお尋ねしたところ

あの絵はお客様が描かれたもので、水彩画です。
30年くらい前のある日「置いてもらえませんか?」と
持って来られて、それ以来ここにあります。
中央に描かれている女性は、絵を描いた方の奥様です。
今はもう、諏訪森から引っ越して行かれました。
今、おそらく50代後半くらいになっておられるのでは・・・

そんなお話を聞かせて下さいました。



この中央の女性・・・かわいく描いてあるなー!
奥さんのことが大好きだったんだろうな・・・

そんなことを思いながら絵をみていると
今の駅との違いにも気が付きました。

券売機はあるけれども自動改札機はなくて、駅員さんが立っている
時刻表が上の方に掲げてある
天下茶屋〜天王寺間が廃線になってない

線路脇の木々も、少し違った感じがします。


なんだかタイムスリップして、昔の駅前に自分も立っているような
そんな気持ちになりました。


槍の奥さん、ありがとうございました。
そして、この喫茶「槍」も、立ち退きすることになっているそうです。

(by M.Y.)

コメント
喫茶「槍」・・・うわ、全然記憶にないっっ!(汗)。
諏訪ノ森に住んでいたのが高校生までだから、近所で喫茶店に入る事自体がなかったからかな〜ぁ・・・。

駅の絵とてもいいですね。まだ自動販売機がない頃、家族で買い物に行く時、父は切符を買う際に「なんばまで大二、小一」といつも言っていた事を思い出しました。

素敵な絵の紹介ありがとうございました。
  • カンシャク
  • 2011/07/14 1:27 AM
カンシャクさん

ありがとうございます。素敵な絵ですよね!!
とっても引き込まれました。

厚紙の往復切符とか、環状線に連絡する切符とかも
ありましたよねー。
よく「なんば往復」って言ってたのを私も思い出しました。
  • なるとみかん
  • 2011/07/14 8:54 AM
>「なんば往復」
往復切符もよく買ってました(^o^)
さきほどGoogleMapで喫茶「槍」確認しました。通学帰りには店の前を通っていたのですが、やはり・・・というかあの通りは日興会館しか記憶にないっ(^^;)
駅の改札。駅員さんが立っていた時代は、よく「お帰りなさい」「おつかれさま〜!」って声を掛けてくれてました。
  • カンシャク
  • 2011/07/14 4:34 PM
>この喫茶「槍」も、立ち退きすることになっている・・・

うっかり読み飛ばしてましたが、高架化で沿線はかなりの幅と長さにわたって立ち退きになってしまうのですか?

そうだとしたら沿線の風景は相当変わってしまうんでしょうなぁ〜・・・(涙)
  • カンシャク
  • 2011/07/15 4:39 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック