諏訪ノ森駅の仮駅部先行工事

 昨年11月に始まった諏訪ノ森駅仮駅先行工事は、1月末から第2期工事に入っています。第1期工事の所は、元のプラットフォームのコンクリート床板が、半分除去されて、鋼板の仮床になり、屋根は新しいいものが取り付けられました。工事区間は北によって、ここも同じように巾を狭くする準備工事が行われています。
このあたりは、諏訪ノ森駅独特の、長いベンチシートがあった所です。電車を待つ間のひとときを、ここに腰掛けて過ごしたものですが、あの木製のベンチが消えてしまいました。新しく出来る駅にも、あんなベンチが欲しいと申し入れていますが、どこの鉄道の駅も、長いベンチを置くと寝転がる人が居るので、ベンチのシートは巾を区切っているのだそうです。そうは言っても、あの木製の傷だらけの椅子は懐かしいのですが、もう多分廃却されているのだろうと思います。
記念写真と、その後の工事の様子を掲載します。先行部分には、申し訳程度に、ベンチが一脚置いてあります。
第2期工事は4月末までの予定で、その次はトイレ付近までの工事に移ります。
第2期工事の作業現場
第2期工事区間の作業はこの防護壁の中で行われています。

第一期工事が終わって架設の床が出来ました。
ここは第1期工事が終わったところです。中央に白い柱は作られて新しい屋根を支えています。いまは元のプラットフォームの巾に鋼板を強いています。第3期工事が終わるとこの部分が取り払われて壁が作られ、中央の柱のところまではプラットフォームの巾になるはずです。随分狭くなりますので、ベンチが置けるのかどうか???です。

懐かしい木製のベンチ
取り払われたベンチの記念写真です。ずいぶん長いベンチでした。



新駅コンペ 1次審査通過通過作品

このブログをご覧下さっている皆さま、ありがとうございます。
新しい諏訪森駅周辺をどんなにするか、についてはコンペが行われています。
堺市のHPで、1次審査通過作品のPDFが公開されています。

>>

12月末に最終審査を行い、最優秀賞を決める予定とのことです。
是非ご覧下さいね。

お家の引っ越し

 浜寺公園駅と諏訪ノ森駅の駅舎は、高架工事が始まる前に駅前広場に仮移転します。
大きな駅舎を引っ越しさせるのは大変な仕事です。どのようにしてこのような建物を動かすのか気になっていました。
  浜寺公園駅のすぐ西側にある大きいお家が、駅前の土地区画整理事業のために引っ越すことになり、その工事が2月の末から3月のはじめにかけて施行されました。このお家は今から150年ほど前に建てられたもので、明治40年に建てられた今の駅舎よりもずっと古い建物です。


   工事が始まると建物全体か鉄骨で補強されました。西南の方向から見ると建物は駅舎の左に見えます。周囲のお家はすでに取り壊されて空き地が広がっています。



   3月の6日と7日に建物は基礎から放されて少し向きを変えて南に移動しました。建物の下にそりのようなものが8個付けられ、それぞれが木材を並べたレールの上にころを介して設置されています。右手にある空き地の南の端にはこの建物に合わせた新しい基礎が作られました。
  9日には建物から新しい基礎に向かってワイヤロープが張られて、小さなウインチで引っ張り作業をする仁日が終わりました。
  10日は日曜日でお休みでした。月曜日になるとお家はそろりそろりと引っ張られました。
11日中に空き地の真ん中辺りまで引き出されました。


   12日には残りの半分の行程を曳きました。ここから建物は90度ほど方向を変えて、東向きの位置に設置されます。
   13日に建物の東南の角に回転軸が設置されて、14日になると、そこを中心に全体がぐるりと回わり45度ほど方向を変えました。


   15日には残りの45度の回転が一日かけて行われました。夕方には準備された基礎の線にほぼそろう形になりました。角角をよく見るとまだ20センチほどずれています。


   16日と17日は休日でしたが最後のツメ作業が行われて、柱の位置が基礎の上に重なるように、そこしづつ調整されました。17日の日曜日のお昼前には建物はキチンと新しい基礎の上に降ろされました。


   準備作業から曳家完了まで約2週間、曳家専門の工務店の職人さん4人が呼吸を合わせて取り組まれていました。伝統の職人技が見事にいかされて、簡単な道具を使って大きな建物が引っ越しを終えました。二つの駅舎もこの様な方法で移転されるのだろうと思います。
  115年前の建物は、これからきれいにお化粧直しをすることになります。新しい駅が出来たときの玄関口に建って、お客様をお迎えするまちのシンボルになって欲しいと思います。
 







クリスマスイベント!

お知らせが遅くなりまして申し訳ありません。
今日14(金)明日15(土)、クリスマスイルミネーションがあります。



19:00〜21:00 コーヨー諏訪ノ森店東側にて(雨天中止)

☆ クリスマスコンサート 
   グダグダーズ 14日
   中尾克己    15日

☆ 地域の園児たちによるキャンドルイルミネーションの展示
    あいあい浜寺中央保育所
    諏訪森幼稚園
    浜寺太陽幼稚園
    船尾幼稚園

☆ 阪堺線の絵の展示

☆ ステンドグラス部会による作品の展示

☆ 浜寺地区の昔の写真を投射放映

☆ 諏訪森オリジナルグッズの販売
    缶バッジ ポストカード 堺注染日本てぬぐい

☆ あたたかいお飲み物をご提供


昨年の様子はこちら >>



ぜひ、お立ち寄り下さいね。

クリスマス・イルミネーション

 12月16日(金)、17日(土)の19時〜21時に本会恒例のクリスマス・イルミネーションが
南海本線諏訪ノ森駅前で開催されました。


ことしは、諏訪森幼稚園、船尾幼稚園、あいあい浜寺中央保育園に加えて、
浜寺太陽幼稚園にもご参加いただきました。
東北大震災の被災地に「がんばれ」の声を届けよう、をテーマに園児たちに
大きなパネルを制作していただきました。

(浜寺太陽幼稚園)

(諏訪森幼稚園)

(船尾幼稚園)

(あいあい浜寺中央保育園)

ひとつひとつが豊かな表現で、とてもすばらしい作品でした。
ありがとうございました。
このほかにも、浜寺の歴史の映像の観賞、中尾さんの音楽コンサート(17日)
五藤武史さんの阪堺線電車の絵画展、ステンドグラス作品の展示、
また、あたたかいコーヒー、お茶、スープのサービスがあり、参加いただいた方たち
にとても好評でした。






浜寺諏訪森の駅舎保存、まちづくりを目指して、これからもいろいろな企画
をしていこうと考えています。
多くの方々のご支援ご協力をよろしくお願い致します。


浜寺校区自主防災隊訓練

 10月30日(日)9時30分〜12時、浜寺校区における防災訓練が堺市立浜寺小学校運動場・体育館で行なわれました。
参加団体は、自主防災隊(校区防犯委員、自主警備隊)、各単位丁会役員、連合こども会、老人会「松寿会」、母子福祉委員会、ボランティア「松の葉」女性団体、民生委員児童委員、浜小会、のみなさんです。また、堺西消防署、日本赤十字社、西区自治推進課、の方々のご指導をいただき、様々な訓練・体験活動を実施しました。
また、堺市立浜寺小学校児童、堺市立浜寺南中学校生徒のみなさんにも参加をいただきました。



1.本部長の訓練開始号令により、訓練が始まりました。

2.消火救出訓練

消火バケツリレー

水消火器訓練

ロープ結索

簡易担架作成

3.心肺組成訓練

AED使用法

心肺蘇生法

4.啓発体験

煙幕脱出法


三角巾活用法

5.組立・使用訓練

簡易トイレ作成



消火ポンプ使用訓練



6.炊き出し訓練

お汁ものの炊き出し、おにぎり、お茶が用意され、配られました。


このほかにも、防災通報訓練や発電機使用訓練も行なわれました。
1月の訓練に続いて実施されましたが、地域の多くのみなさんが参加され、
防災への意識の高まり、防災についての知識、協力、などが随所に見られた
訓練となりました。

参加されたみなさま、ご指導いただいた方々、この訓練を計画していただいたみなさま、
ありがとうごさいました。

(七色仮面)


平成23年度第1回勉強会〜昔の濱寺を語る〜

  9月25日(日)19時〜21時に三光会館にて、本会の今年度第1回の勉強会が開催されました。
今回は、「昔の濱寺を語る」と題し、3人のパネラーの方とコーディネーターとの計4名の方にパネルディスカッションをお願いしました。
 パネラーは、中務浜寺校区連合会会長様、高田諏訪森商店会会長様、北野耳鼻咽喉科医院長様、コーディネーターは、本会監事の芦田様です。
 コーディネーターが濱寺の歴史を時代ごとの地図を示しながら説明した上で、パネラーおひとりずつ、こども時代に過ごした濱寺の様子をお話いただきました。当時の様子を伺いながら、参加の方々は相槌を打ったり、当時を想像しながら聞かせていただいたようでした。また、プロジェクターで大きなスクリーンに写真や地図を、また、パネラーにお持ちいただいた写真をビューパでスクリーンに拡大して映したりしたこともとても役立ったように思います。
 参加された方々、ありがとうございました。

 


(笛吹童子)

文化教室「布わらじ作り講習会」

  9月18日日曜日、13時より諏訪森を考える会拠点「まちのえき」にて、「布わらじ作り講習会」が開かれました。
 インストラクターの有本先生と助手として参加された先生のお姉さまのご指導で、4名の方がわらじ作りに参加されました。材料は、有本先生が持参され、また、一人用として小分けされていましたので、取り組みやすかったようです。いろいろな色の布を使って自分のわらじを作っていきますので、和気あいあいと楽しい雰囲気で、仕上がりまで時間が短く感じられたようです。できあがったわらじを、早速自宅で使う方もいたとのことでした。
 浜寺諏訪森を考える会では、現諏訪ノ森駅舎が分離独立した時に駅舎を活用できるよう、様々な取り組みを計画しています。文化教室もその一部です。現在、読書会、囲碁教室を開催していますが、今回は「布わらじ作り」を計画、実施しました。10月からは、「手話教室」、「シニアのための英会話教室」を月一回開催していく予定です。興味のある方は、是非、「まちのえき」にてご体験いただきたいと思います。




(茶店に寄った旅人)


諏訪森東3丁のハマデラソウ◆ 6月15日】

 東3丁のハマデラソウ,猟未蠅療貘Δ鬚澆襪函
またまた、みぞやわずかなすき間から発芽していました。
かなり多くの発芽です。
種が生き残っていたんですね。
他の雑草に混じって、成長しているものもありました。








(6月15日撮影 まぼろし探偵)




諏訪森東3丁のハマデラソウ  6月13日】

 東3丁のハマデラソウが発芽していました。
一昨年、自生していたものが昨年は見かけなくなっていました。
とても残念に思っていましたので、うれしいですね。
駐車場のほんのわずかなすき間から、発芽しています。










(6月13日撮影 まぼろし探偵)

| 1/3PAGES | >>