住友銀行は かつて

お肉のますやさんのおばちゃん情報。

今、中島昆布さんになっているところに、かつて
住友銀行があったんだそうです!

私     「ええーっ???」
おばちゃん「戦前のことよね」
私     「・・・」

私     「・・・昔は、泉州銀行の方が住友銀行より大きかったん?」
おばちゃん「泉州銀行、まだ、なかったん違う?」

中島昆布さんに、以前
「ウチが入る前、ここはお茶屋さんでしてん」とお伺いしていたので
そのまだ前のことなんでしょうね。

(by M.Y.) 

昭和7年の浜寺町の古地図ほか

お待たせしました!
昭和7年の浜寺町の古地図、明治43年の堺市の地形図
諏訪ノ森浜の写真がUPされました!「まちの紹介」のところです。

明治43年の堺市の地形図 >>
まだ阪堺線もなかったんですね。

昭和7年の浜寺町全体図 >>
浜寺中学校の場所には、病院があったんですね。
浜寺公園が、現在より北に広がっています!
左下にある「凡例」のトコもおもしろい。
浜寺中学校のところにあったのは・・・「避病院」!

昭和7年 諏訪森付近 >>
船尾駅の場所が、現在より北側!
商店街が、紀州街道で行き止まりになってることも
これでわかります。

諏訪森海岸の古い写真  >>
水泳前の準備体操をする小学生!!

その他いろいろ発見してお楽しみ下さい!

(by M.Y.)

古い住宅地図

M.Y.です。
古い住宅地図が発見されましたが
全貌を明らかにするのは後から、というような
記事を先日書きました。
しかし、全貌を目にしますと、あまりにも多くの見どころがあります。
それでこのたび、ホームページの「まちの紹介」のところから
PDFファイルでご覧頂けるようになりました。

昭和46年度版 住宅地図 >>

昭和50年度版 住宅地図 >>

平成14年度版 住宅地図 >>


どうぞみなさま、ゆっくりとお楽しみ下さいませ。 
(地図には一部、不鮮明なところもございます。ご了承下さい。)

助松本陣

 泉大津のまちの中を紀州街道が通ります。
このまちには、参勤交代で小休止をする際に立ち寄る
本陣がありました。それが、田中邸です。
この屋敷は参勤交代で、紀州藩大名たちが小休止した
とのいわれがあります。が、現在もその子孫がお住みに
なっています。
田中邸1



田中邸2

田中邸 碑

<文・写真:まぼろし探偵>

諏訪森までの紀州街道を歩く

大道筋から紀州街道は湊西へと入っていきます。

紀州街道 大道筋から湊西へ

湊西のまちには船待神社があります。
船待神社は、菅原道真のいわれのある神社といわれています。


船待神社前

次に、新湊小学校前へと続いていきます。新湊小学校は、旧湊小学校、
旧湊西小学校が統合されてできた学校です。


新湊小学校前

石津太神社です。この神社は日本最古のおまつりやっさいほっさい
がおこなわれています。

石津太神社前

太陽橋です。この橋から諏訪森へと入っていきます。
紀州街道は、古代から江戸時代まで泉州路のメインストリートと
いえるような街道です。街道沿いには、古代に神社がにつくられ、
また、明治5年の学制発布により学校がつくられています。
(諏訪森には、浜寺小学校があります。)
歴史ある紀州街道の通る諏訪森をこれからも探訪していきたいと
思います。

太陽橋

<文・写真:まぼろし探偵>

      


与謝野晶子生家跡の碑

 大道筋の宿院辺りに、堺出身の歌人与謝野晶子の生家跡の碑があります。
碑のあるのが、西側歩道上です。この場所は、生家の後ろ側になるということです。


与謝野晶子生家の碑

碑の正面です。通りの向こう側(東側)が生家の玄関となります。

与謝野晶子生家の碑2

<文・写真:まぼろし探偵>

大道筋の紀州街道

 綾野町付近の紀州街道の碑です。
大道筋東側歩道上が当時の紀州街道ということです。
堺市役所発行の「復興区画整理誌」によれば、
太平洋戦争後の戦災地復興計画基本方針(昭和20年12月30日閣議決定)
により、堺復興都市計画街路が昭和21年5月21日に決定されました。
大道筋は、起点「並松町」、終点「浜寺南町1丁」の「並松浜寺南町線」
の中の、区間で幅員50mと計画されました。
そして、郷土出版発行の「目で見る堺市の100年」によれば、
昭和27年には、綾之町~宿院間が完成された、と記述されています。

ちなみに、フェニックス通りは、起点「大浜北町」、終点「北八下村」の
「大浜古市線」の中の区間で、幅員50mと計画されていました。

※「あのまのかりす」さんのご指摘により、記事の内容を修正させていた
だきました。「あのまのかりす」さん、ありがとうございました。

【文・写真:まぼろし探偵】

大道筋の紀州街道の碑(綾野町付近)



【大和橋から綾野町方面への紀州街道】

 大和橋から綾野町方面への紀州街道です。
綾野町から大道筋を通り、御陵前から湊西を通ります。
綾野町手前には、榎並・芝辻家の屋敷跡があります。
【文・写真:まぼろし探偵】
大和橋から綾野町方面を望む

【大和橋の欄干に佇むかもめたち】

 大和橋の欄干にかもめの大群が羽を休めていました。
太陽橋では見られない風景です。
【文・写真:まぼろし探偵】
大和橋の欄干で佇む鴎

大和橋

 【大和橋】
大和橋の今の姿です。大阪から堺への一方通行になっています。
自動車は堺から大阪へは通れません。
のんびりとひと休みの車が多く停車しています。
江戸時代の参勤交代も太陽橋から大和橋を通って通行していたということです。
【文・写真:まぼろし探偵】
大和橋

| 1/2PAGES | >>