はまでらっ子まつり

今日はお天気に恵まれました。浜小会のはまでらっ子まつりです。

小学校は、こどもたちの声でいっぱい!めっちゃにぎわっています。

平成30年4月22日撮影。

 

浜寺諏訪森を考える会もブースを出しています。

Tシャツ、絵葉書、ステンドグラスクッキー、缶バッジ・・・

 

ステンドグラスの手法で作ったペンダントトップも販売中。

 

お時間あればお立ち寄り下さいね〜!


浜寺公園駅の活用が開始されました

諏訪森駅のおとなり、浜寺公園駅の話題です。

以前、曳家の記事をUPしたことがありましたが

      >>曳家の記事

今日(3月15日)から活用が開始されたそうです。

NHKのニュースでも放送されたようです。

 

http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20180415/3884421.html

 


下り駅前の風景

平成30年3月31日撮影

 

 

下り駅を出たところから南側を望む。

右端に、上り駅舎が写っています。

 

(by M.Y.)


下り駅前の今 補足

先に書いた記事の内容について、コメントいただきました。

画像だけではわかりにくかったので補足させていただきます。

大和屋さん(タバコ屋さん)があったところから、線路沿いに

下り駅に向かって立ち退きが進み、更地となっています。

パチンコ屋さんは以前のまま、営業されています。

 

平成30年3月10日撮影

 

ほぼ同じ角度の画像が

2015年11月5日撮影

大和屋さんが取り壊された時。

 

唐揚げとコロッケのミサさんは、以前あった場所(パチンコ屋さんの近く)から

今の場所(元 大和屋さんのあった場所の東隣)に移転されていまして

 

平成30年3月10日撮影

この写真は、1枚目の画像の撮影場所から少しだけ右方向(東側)から

撮影したものです。

線路や下り駅が見通せるようになった訳です。

この、赤いコーンの左側にできた更地をフェンスで囲った後の画像が

 

平成30年3月21日撮影

 

平成27年10月20日撮影

 

この画像の左半分に写っているあたりの変化を撮影しました。

 

(by M.Y.)

 

 


下り駅前の今

下り駅周辺の立ち退きが進み、これまで見たことのない風景が現れました。

 

平成30年3月10日撮影

 

唐揚げとコロッケの「ミサ」さんの脇から、

下り駅が見通せるようになりました。

 

そして

平成30年3月21日撮影

フェンスで囲いができています。

 

建物の撤去作業や、その後にできた更地を見ると

なんとも言えない気分になり、写真を撮るのに気が進みません。

でも「この景色、初めて見たな」と思えば撮れるな、と思いました。

 

(by M.Y.)

 


道路工事に関する説明会があります

ときはま線の工事について、計画変更があるということで

住民説明会があります。

さくらみちから、旧国道26号線までの間の話だそうです。

阪堺線の踏切をなくす計画(立体交差)だったのを、なくさない計画になるようです。

くわしくはこちらをご覧ください。

 

平成30年3月18日、22日開催 都市計画道路常磐浜寺線の都市計画に関する説明会

 

 

3/18(日) 14時〜 三光会館にて

3/22(木) 19時〜 浜寺昭和小学校体育館にて

(説明は同じ内容)

 


石津川の仮鉄橋

上り線の工事が進んできています。

石津川には仮の鉄橋が架けられています。

電車に乗っていても、新しい鉄橋と、その上で働く人が(チラッと)見えます。

 

 

平成30年3月4日撮影

なんば行きの電車と、下りラピートがすれ違う、

その西側に鉄橋ができてきています。

今の線路の場所より、

ちょっと高いところにありますね。

来週 3月13日の未明に、

東側に6メートルくらい移動させて

上りの仮線が通る場所まで、ずらすんだそうです。

 

 

旧国道26号線の橋の上から。

 

なんだか、不思議です。

 

(by M.Y.)


たこ焼きの「やぐら」、移転です

諏訪森に住んでいる人なら

誰でも一度は食べたことがあるのではないでしょうか、

駅前の「やぐら」のたこ焼き。

残念ですが、閉店されました。

 

 

24年間も、ここでたこ焼きを焼いておられたんですね。

私は「しょうゆマヨ ねぎたっぷり」が好きでした。

 

JR我孫子駅前に移転されたそうです。

水曜定休

平日     15時〜23時

(土)(日)(祝)  11時〜20時

 

平成29年12月18日撮影

 

やぐらの左隣は薬局、

右隣は貴金属買取店、でした。

真ん中がやぐら。

 

(by M.Y.)


諏訪ノ森駅に絵が展示されています

久しぶりの投稿、失礼いたします。

諏訪ノ森駅に、浜寺小学校の6年生の絵が展示されています。

 

67枚!

夕暮れ時の絵、青空の絵。工事のクレーンも。

 

 

来年1月中頃まで、展示される予定だそうです。

是非、ご覧下さいませ。

 

 

お隣の浜寺公園駅は、「曳き家」工事が始まっています。

新聞等でも報道されていましたね。

毎日新聞 (動画もあります)

 

平成29年12月5日撮影

 

ジャッキアップされて地面から離れた建物。

3回に分けて行われる「曳き家」の内の2回はすでに終了、

12月18日に3回目が行われるそうです。

コンクリートの土台の前まで、来ています。

 

諏訪ノ森駅もこうなるのですね。

 

 


三光川に新しい橋が二つ架かります

   南海本線の連続立体交差事業で、諏訪ノ森駅付近を流れる三光川に新しい橋が架けられました。

   諏訪ノ森駅の西側では、仮線を敷設する準備が進んでいます。その手始めは、三光川に架かる架設の橋梁です。橋梁と言っても川幅が5メートルほどの小川ですから、ある日、橋桁をひょいと載せただけの橋です。それでも、鉄道の線路が通る橋ですから、春から基礎工事が始まって川岸の補強をして、そこに橋桁を取り付けたのです。この橋桁の上にどの様に線路が取り付けられるのかは、まだ判りません。現在のプラットホームの裏側に仮線が通り、その西側に仮のプラットフォームと仮駅が建設される予定です。

   写真の右側が上り線のプラットホームで、正面にトイレがあります。そのトイレの窓からこちら側を観ると、次の写真のような光景になります。

左側がプラットフォームの裏手で、このあたりには線路用の基礎が作られています。この基礎の先の作業車のような物があるところに、橋桁が据え付けられました。右手のトラックは止まっているところは仮プラットフォームの建設用地です。

    線路の東側では将来高架路線の側道になる道路が建設されています。まだ、途切れ途切れですが、ここでも、三光川を渡る橋梁の工事が行われています。橋梁といっても、この方はコンクリートのケーソンを川に沿って埋め込むという作業で、予め準備されたケーソンを川の中に据え付けています。川の両側はまず鋼矢板で補強をして、元の岸壁を取り除き、その後にケーソンを落とし込んでいます。ケーソンは川の流れに沿って9個に分割されています。跡は隙間を埋め戻して完成します。道路面はこのケーソンの表面より10センチメートルほど上になります。

  新しい側道は現在の側道より東寄りで、現在の側道付近には高架橋が建設されます。

はるか彼方に見える建物は近江眼科・近江内科です。右側に現在の線路脇の道路が見えます。

   このケーソンの敷設工事は台風3号が来た日の朝に大急ぎで施工したそうです。この工事は下水工事屋さんが行っていました。道路の整備は別の工事会社が行うそうです。

 

 

 


| 1/26PAGES | >>